のし紙の書き方も注意が必要

2014.8.27

習い事の先生にお中元を贈ることにしたので、さっそくお店に買いに行きました。先生は甘いものがあまり好きじゃないし……って悩んでいると、店員さんが声をかけてくれました。お中元を贈るのが初めてだと言うと、色々と親切に教えてくれました。昔は大きく重いものがいいと言われてた時もあるけど、最近では相手が困らないものがいいと言われているそうです。若い方が贈られるなら……とカタログギフトを提案されて、御当地グルメのカタログにしました。次に『のし』はどうされますかと聞かれて、適当に名前を書けばいいと思っていたら、色々とルールがあると聞かれました。例えば、時期がずれるのであれば、お中元ではなく暑中見舞いにするとか、どれくらいの大きさでとか、できれば手書きがいいとか。そもそも私は『のし』って袋のことかと思っていたら、右上にあるお札みたいなのが『のし』だそうです。なので、勝手に書かないでお店の人に相談してから、自分で書くか、店員さんに書いてもらうのがベストだと思いました。