贈って喜ばれるがポイントになる

実際にお中元を贈る時、何を選んだらいいか迷いませんか?価格設定だけで、全員贈るものは一緒というのも楽かもしれませんが、もらった方が喜ぶ方がいいと思いませんか?では選択する際のチェックをしてみましょう。まずは、贈る先の家族構成を確認してみましょう。お子さんがいるのであれば、子どもも大人も食べられるお菓子、お酒が好きな人がいるのであれば、おつまみになりそうなもの。また世代を問わず喜ばれそうなお菓子など決めやすくなります。次に、お中元は夏になりますので、季節感を基準にするのもいいかもしれません。ひんやりとしたデザートやビール、清涼飲料、旬の果物、夏バテ防止にスタミナがつくもの、熱帯夜を快適に過ごすためのクール系の入浴剤やクール素材のシーツなどもいいかもしれません。それでも決めかねる時。あとは贈り主の一押しやお勧めなど、贈り主自身がおいしいと思ったものや相手に食べて欲しいものなどを選ぶといいかもしれません。好みの差はあるかもしれませんが、その贈り主が相手を思う気持ちは伝わると思います。特別に取り寄せた珍しいものや安心しておすすめできる有機栽培,無農薬栽培の食品や健康志向の食品、贈り主が住んでいる土地の特産品など、他のの地域の人には手に入れにくいものを選ぶのも一興です。特徴があるものや印象が強いもの、毎年同じものを贈り、毎年あれを贈ってくれる人という印象もいいかもしれません。迷わずに済みますしね。それでもどうしても選びきれなかった時は、無難なものにしましょう。例えば、ジュースの詰め合わせなど色々な種類が入っていて、また個別包装で配ることが容易なもの、贈り先の人が好きに使える商品券(図書券、お米券など)も根強い人気です。あと、最近増えつつあるのが、カタログギフトです。値段によってグレードがあり、そのカタログに入っているものであれば、相手が好きに選ぶことができるということ、またかさばらないということもあり、人気になりつつあります。