お中元を贈る時期は大丈夫か

お中元の時期は、7月初旬から15日ごろまでに贈るのが一般的となっています。最近では、6月からお中元を贈り始める人が多くなるなど、早まっているようです。。また、8月にお盆を行う地域、主に関西地方では、ひと月遅れの8月1日から8月15日までに贈ることが多いようです。お中元の時期は、関東や関西など地域によって違う場合がありますので、注意が必要です。元々、お中元とは中国の『道教』の中の三元(上元・中元・下元)という行事の一つでした。上元は旧暦で1月15日、中元は旧暦7月15日、下元は旧暦10月15日に行われていました。中元は、本来は贖罪の日として罪を償うために火を焚いて神様に祈る行事でした。日本では、ちょうど『盂蘭盆会(うらぼんえ)』の時期であり、火を焚いて先祖の冥福を祈り供養する行事があり、それと融合したのが、今現在のお中元、お世話になった人に尊敬や感謝の気持ちを表わすものへと変化したものとなります。では実際にお中元を贈る場合はどうするか。基本的に贈り先に訪問し手渡しするのが本来の形とされています。時間帯としては、朝や食事どきは避け、午前10~11時、午後2~4時くらいに訪問します。もちろん事前に相手の都合をうかがい訪問するのが一般的ですが、万が一、事前に相手の都合をうかがわずに急な訪問をする場合には、玄関先で御中元をお渡ししてすぐに失礼するのがマナーです。 その他には、配送を頼むという方法が一般化しつつあります。その場合、宅配業者が繁忙期に入るので、なるべく早く手配することをお勧めします。また、いきなり贈りつけるのではなく、贈られそうな時に手紙をお送りすることを忘れないようにしましょう。日頃の感謝などを書き、本来お伺いするのが筋ですが、今回は贈らせていただきましたと断りを入れましょう。ただし、不幸があり49日以内ということであれば、時期をずらし暑中お見舞いとして持参、もしくはお送りするとよいかもしれません。